がん保障付住宅ローン

がんになったらローン残高が0円になるあんしんの保障

上乗せ金利

ご契約いただく住宅ローン金利に年0.2%上乗せとなります。

主な特徴

保険金・給付金のお支払いには所定の制限があります。ご加入にあたっては、「被保険者のしおり」に記載の契約概要および注意喚起情報を必ずご確認ください。

がんについて

がん患者の約4分の1は、働く世代の方が占めています。

がん(悪性新生物)総患者数の年代別割合

25歳~64歳:27.1% 65歳以上:72.0% 24歳以下・不詳:0.9% 厚生労働省「平成29年患者調査」よりイオン・アリアンツ生命にて2021年1月算出

がんの治療と仕事の両立に備え、ローン残高保障で家計の負担を軽減します。

先進医療の療養を受けるときは、技術料の全額が自己負担となります。

がん先進医療の費用例

重粒子線治療 3,123,756円
陽子線治療 2,714,943円
内視鏡下手術用ロボットを用いた腹腔鏡下広汎子宮全摘術 1,188,000円

厚生労働省「第93回先進医療会議 令和2年度実績報告(令和元年7月1日~令和2年6月30日)」より
イオン・アリアンツ生命にて算出

高額になりやすい先進医療費を保障します。

がんに罹患される方のうちおよそ10%は上皮内がんといわれる「上皮内新生物」です。

上皮内がんと診断された割合
※2017年にがんと診断された方1,093,280人、うち上皮内がんは115,887人

国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(全国がん登録)より
イオン・アリアンツ生命にて算出

上皮内がん(上皮内新生物)とは

上皮内新生物:上皮内にとどまり浸潤しておらず、転移の可能性はない 悪性新生物:基底膜を越えて浸潤しており転移する可能性がある

治療負担の少ない段階のがんもサポートします。

保障内容

がんの保障 責任開始日(加入日からその日を含めて90日を経過した日の翌日以後、保険期間中に所定の悪性新生物に生まれて初めて罹患し、医師によって病理組織学的所見(生検)により診断確定されたとき、債務残高相当額のがん診断給付金をお支払いします。
がん先進医療の保障 責任開始日(加入日からその日を含めて90日を経過した日の翌日)以後、保険期間中に所定の悪性新生物に生まれて初めて罹患し、医師によって病理組織学的所見(生検)により診断確定された悪性新生物を直接の原因とする先進医療による療養を受けた場合、または悪性新生物に生まれて初めて罹患し、先進医療による療養により診断確定された場合に、先進医療に係る技術料と同額(1回の療養につき500万円、通算1,000万円程度を限度)をお支払いします。
上皮内がん・皮膚がんの保障 責任開始日(加入日からその日を含めて90日を経過した日の翌日以後、保険期間中に所定の上皮内新生物または生まれて初めて所定の皮膚のその他の悪性新生物に罹患し、医師によって病理組織学的所見(生検)により診断確定された場合、上皮内がん・皮膚がん診断給付金をお支払いします。(保険期間中1回)

保障開始日はローンお借入日(保険加入日)から90日を経過した日の翌日からとなります。
保障開始日前に罹患したがん・上皮内がん・皮膚がんは、医師による診断確定が保障の開始日以降であっても保障の対象となりません。

イオン・アリアンツ生命保険株式会社(引受保険会社)

カスタマーサービスセンター
フリーダイヤル0120-649-720
受付時間 年中無休 平日9:00~18:00 土日・祝日10:00~17:00

イオン・アリアンツ生命

イオン銀行ローン専用ダイヤル
フリーダイヤル0120-48-1258
受付時間 9:00~18:00 年中無休
カード紛失盗難専用ダイヤル
03-6832-1234
年中無休 24時間受付 通話料有料
電話番号はおかけ間違いのないようにお願いいたします。